水源の里、古屋で触れる食文化体験|栃の実加工体験

最終更新: 2月9日

【綾部を良く知る外国人の綾部レポート】

施設名 栃の実加工体験(@古屋公民館) 訪問日 2020/10/24 訪問者氏名 ホイ・ナサニエル

栃の実の殻をむく


綾部でユニークな体験を希望する方は「栃の木群生地トレッキング(*)」と

同様に綾部駅から車で約45分の場所にある古屋公民館へ行くのを

おすすめします。

 (*)https://www.kyoto.ayabenouhaku.com/post/column-jp-tochinokitrekking


90歳以上のお祖母さんが2人住んでいる京都府内で最も小さな集落で、

お二人はほとんど毎日、古屋公民館にいらっしゃいます。


スナックタイム


ここには1000本を超える栃の木が群生しており、

自然豊かでとても美しい場所です。

その栃の実を使ったお餅やおかき、クッキーなどの特産品を、

お祖母さんたちがひとつひとつ手作りで作っています。

お祖母さんに「長寿の鍵は何ですか?」と尋ねると、

「毎日働いていること」と教えてくれました。


お祖母さんたち(左の二人)


ここでは、栃の実の加工作りを体験することもできます。

仕事内容は異なりますが、やるべきことは常にたくさんあります。

私が訪れたときは、栃の実をお湯に浸して柔らかくした後、

殻をむく作業をお手伝いしました。

手作りの木製の殻剥きを使って、

実を剥くためには力加減を調整しなければなりませんでした。

力が強すぎると実をつぶしてしまうので、難しかったです。


古屋公民館周辺の景色


昔ながらの道具を使用して、すべて手作業で製造されているため、

非常にユニークで伝統的な体験だと思いました。

仕事のお手伝いを終えた後には、

お祖母さんと一緒に栃餅ぜんざいを食べました。

なかなか経験することのない貴重な体験ができて良かったです。



▼「栃の実加工体験(古屋公民館)」の詳細はコチラーーーーーーーーーーーーーーーーー


Coming soon!



▼訪問者プロフィールーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ホイ・ナサニエル

アメリカ出身。2005年に来日。

日本の好きなところ:日本の田舎、日本酒、和食、温泉、少林寺拳法

趣味:ランニング、読書、日本酒



Phone 0773-21-6745 / Mr.Kuchu (person in charge)

(c) 綾部農泊推進地域協議会 / Ayabe Farm Stay Promotion Council

京都府綾部市は里山や田園の風景が広がる京都府北部の観光スポットです。農泊や伝統的な食体験を味わうことができます。
Ayabe City is tourist attractions in the northern Kyoto, you can enjoy farm stay and traditional dining experience and farm stay Kyoto.
綾部市位在京都府的北部,是一處環山繚繞擁有廣闊田園景觀的觀光景點。在這裡可以體驗農家生活以及品嘗具有傳統風味的料理。